小説『ドリアン・グレイの肖像』にみる詩的表現

オスカー・ワイルドの小説 『ドリアン・グレイの肖像』の出だしは 福田恆存(つねあり)訳では次のような一節からだ  アトリエの中には薔薇のゆたかな香りが満ち溢れ、かすかな夏の風が庭の木立を吹きぬけて、開けはなしの戸口から、[…]

もっと読む

ドリアン・グレイの「序文」:ワイルドの芸術論

『ドリアン・グレイの肖像』の「序文」には 著者であるオスカー・ワイルドの 芸術論が集約されてて・・・ 芸術家とは、美なるものの創造者である。 と、冒頭に芸術家の定義があり・・・ すべて芸術はまったく無用である。 と、切り[…]

もっと読む

ヴェネツィア絵画のきらめき「洗礼者聖ヨハネの首を持つサロメ」

ティツィアーノはお気に入りの画家だが 格別に好きな作品は 『洗礼者聖ヨハネの首を持つサロメ』で 日本で公開されてたので行ってキタ――(゚∀゚)――!! Bunkamura ザ・ミュージアムの 「ヴェネツィア絵画のきらめき[…]

もっと読む