映画『メアリーの総て(原題:Mary Shelley)』のあらすじと考察

映画『メアリーの総て(原題:Mary Shelley)』は 主役のエル・ファニングが大好きで 時代背景も興味深かったので 観る前に気になるコトを予め調べてメモをまとめて 記事(映画『メアリーの総て』)にしてて この度やっ[…]

もっと読む

『ボヴァリー夫人』のオメー

初めて『ボヴァリー夫人』を読んだ時から 脇役のオメーの言動に心惹かれてるるる~ オメーは薬屋のオヤジで 医者であるエマのダンナのシャルルとは つるまざるを得ナイ間柄だが それ以上にシャルルを盛り立ててくれる存在だ 著者フ[…]

もっと読む

フローベールの『ボヴァリー夫人』とトルストイの『アンナ・カレーニナ』

フローベールの『ボヴァリー夫人』は リアリスムの傑作として名高い作品ではあるが 発売当初は問題作だった>< 主人公のエマ(=ボヴァリー夫人)は 幾分(当時にしてみれば大分)奔放な女で 退屈な夫を裏切り、刺激的な愛人の元に[…]

もっと読む