ルネサンス

ヴェネツィア絵画のきらめき2

ヴェネツィア絵画のきらめき2

2007-10-14 展覧会
絵画の展覧会は 自分本位な観方で愉しみたいので 一人で観に行くようにしてる お気に入りの絵は 穴が開くほどにじっくりと 5分以上も足を止めて観たりするが 自分にとっては何も意味が無かったり 興味の対象を描いてても意に合わなければ 瞬間さえも目に留めずにすっ飛ばしたいのでねw だから気に入った作品が1…
ヴェネツィア絵画のきらめき1

ヴェネツィア絵画のきらめき1

ティツィアーノはお気に入りの画家だが 格別に好きな作品は 『洗礼者聖ヨハネの首を持つサロメ』で 日本で公開されてたので行ってキタ――(゚∀゚)――!! Bunkamura ザ・ミュージアムの 「ヴェネツィア絵画のきらめき」 間近で見るサロメの肌の質感は艶かしく 理想的な柔肌だった!! サロメが盆に載…
謎の解剖学者ヴェサリウス

謎の解剖学者ヴェサリウス

西洋ではルネサンス期まで 書物はラテン語で書かれてたが 内容もほぼローマ帝国時代のままだった 確かに 普遍の真理に基づいて書かれてるモノなら 時代背景の違いを考慮すれば 2,000年の時を隔てて読んでも 話は通じるるる~ しかし科学(自然科学、医学技術、その他)だけは 新説に覆されて学説が変遷する特…