考える葦、傷付いた葦、風にそよぐ葦

風に揺れる葦

風に揺れる葦

モーパッサンは『Maison Terrier(メゾン テリエ)』で お祝いに集まってきた人々を そよ風にゆらぐ葦 と表現してて 原文のフランス語では次のようにあった comme des roseaux sous la brise comme:~のような roseaux:葦 brise:弱い風(通常の…
風に揺れる葦とは?(『新約聖書』より)

風に揺れる葦とは?(『新約聖書』より)

2019-05-02 パスカル
パスカルが『パンセ』で 人間を葦に譬えて 「考える葦」と見解を述べたのを なんとなく知ってはいても その意図は測りかねるだろうし そもそもなぜ人を葦に譬えたのかって 不可思議に思ってる人は多いだろう 元ネタは『新約聖書』の記述だが 順を追って説明すると まずイエス・キリスト(以下、イエス)が 処女懐…