ヴェネツィア絵画のきらめき3

絵画の展覧会に限らず
本を読むにしても映画を観るにしてもそうだが
まず自分にとって主題に意義があるか
=興味があるかってのが何よりも大切だ

リアル(現実世界)で溢れかえってる俗物は
自分の世界観のどこにも引っかかってこずとも
社会生活を全うするためには
それらをある程度は享受する必要に迫られるが
そうして辟易するのはリアルだけで十分!

スピリチュアル(精神世界)では
自分にとって価値のナイモノなんて排除して
理想の世界観を構築したい!!

トロイ戦争が主題の作品は
その点だけで秀逸で
Bunkamura ザ・ミュージアムの
「ヴェネツィア絵画のきらめき」でも
期待してなかったからこそ
『パリスの審判』があったのは嬉しかった^^

ましてやその『パリスの審判』は
初めて目にしたモノだったので
嬉しいやら悲しいやら・・・
悲喜こもごもってこんな心境なのか?!

なんせトロイ戦争ヲタで
格別にパリス好きの自分なので
【パリスの審判】ならば
殆どの作品を見知ってるつもりでいたが
フランチェスコ・グアルディのは
全くもって初だったのだ!!

女神の中でもとりわけ美しい3柱の女神らと
羊飼い(実は王子だが)の美少年の図は
それだけで【パリスの審判】だとわかるるる~

だがしかし
金の林檎を持って先導してきたはずの
ヘルメス(メルクリウス)が見当たらず(゚*゚;)

そこがヘルメス信奉者としては
最初は残念に感じたが
甘美な画風に陶酔してくると
裸体を堂々と晒してる女神らに対して
パリスが引き気味なのが
とても゚+.(・∀・)゚+.゚イイと思えてきて
その対比の絶妙さを邪魔してしまうとしたら
ヘルメスは登場しなくて正解かも?

そうしてしばし身動きもとれず
ただひたすら見入っていたが
釘付けとはそんな状態だろうか?!

ルーベンスの『パリスの審判』と比較してみよう

金の林檎を差し出してるのがパリスで
その背後にいるのがヘルメスで
3柱の女神の傍には
それぞれアトリビュート1)決まった持ち物や司る動植物が描かれてるるる~

画面の左端にフクロウがいるので
左側はアテナであるとわかり
足元に孔雀がいるので
右側がヘラ(ユノー)であり
消去法で真ん中がアプロディテ(ウェヌス)だ

ついでにプットタイプの天使は
アプロディテの息子のエロス(クピド)だ

ところがグアルディの描く女神らは
裸で特定するモノが何も描かれておらず(゚Д゚)ハァ?

強いて言えば
手前で金の林檎を持ってるのは
それをパリスから受け取ったのだろうから
アプロディテに間違いナイが
他の2柱の女神は識別しようがなく・・・(゚Д゚;)ハァア?

まあそこがさすがとも思ったがね

なぜなら究極の美女とは
完璧なバランスで成り立ってるゆえ
これといった特徴が顕著でなく
個性に事欠くモノだからだ

それにしてもグアルディは
そうして描くべき要素を最小限にしつつも
女神らとパリスとの間に
思い切って空間を取ってるのが
なんとも潔く大胆な構図であっぱれ!

これでパリスがフリュギア帽を被ってれば
完璧だったが・・・惜しい!!

それでもこんな『パリスの審判』に
巡り会えたのは至福だ・・・ホゥ(*-∀-)

References   [ + ]

1. 決まった持ち物や司る動植物

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします