ヴェネツィア絵画のきらめき3

絵画の展覧会に限らず
本を読むにしても映画を観るにしてもそうだが
まず自分にとって主題に意義があるか=興味があるか、が何よりも大切だ

リアル(現実世界)では
自分の世界観のどこにも引っかかりようもナイ俗物が溢れかえってて
社会生活を全うするためにはそれらをある程度享受する必要に迫られるが
そうして辟易するのはリアルだけで十分で
スピリチュアル(精神世界)では
ゴミとしか思えナイモノなんか総て排除して
理想の世界観を構築してく至福の時を満喫したいのだ

トロイ戦争とゆー主題はその点で秀逸で
Bunkamura ザ・ミュージアムの「ヴェネツィア絵画のきらめき」でも
期待してなかったからこそ『パリスの審判』があったのは
しかも初めて目にする『パリスの審判』だったのは
我が目を疑いつつ狂喜した!
いや、嬉しいやら悲しいやら・・・悲喜こもごもってこんな心境なのか?!
なんせトロイ戦争ヲタで格別にパリス好きの自分なので
『パリスの審判』ならほとんどの作品を知ってるつもりでいたが
フランチェスコ・グアルディのは初だったのだ!!

3人(柱)の裸体の美女(女神)と羊飼い風の美青年(実は王子)の図は
それだけで見た瞬間に『パリスの審判』だとわかり戦慄が走り
その甘美な筆致から受ける甘やかな画風に陶酔し
しばし身動きもとれずにいたが釘付けとはあんな状態なのか?!

我に返ってじっくり見てみれば
3柱の女神が裸であっても威厳があり堂々としてて
それに比してパリスが引き気味なのが゚+.(・∀・)゚+.゚イイね

また金の林檎を持ったヘルメスがいナイのは
ヘルメス信奉の自分には最初淋しく感じられたのだが
この対比の絶妙さを邪魔してしまうから画面に収まらなくて正解だろうし
恐らく3柱の女神はパリスを見つけて
案内人のヘルメスよりも一足早くパリスの前に降り立ったんだろう
金の林檎もちゃっかり女神の誰かが持ってるるる~

そうなのだ、女神が裸なのは構わナイが誰が誰なのか
アトリビュート(決まった持ち物)も持ってナイとわからナイのだな
でもそこがこの絵の最も成功してる部分なのだろう
究極の美女であるのだから、ただひたすら美しくて個性なんかナイワケだ

そしてそんな女神らに負けず劣らずの美青年であったパリスとの間に
思い切って空間を取ったのがまた神々しさ倍増で素晴らしい

唯一、パリスがフリュギア帽を被ってれば完璧だったかと・・・
それでもこんな『パリスの審判』に巡り会えて幸せ・・・ホゥ(*-∀-)

ところでググっても出てこナイのは個人蔵だからか、本物見れて超ラッキー♪