ヴェネツィア絵画のきらめき4

Bunkamura ザ・ミュージアムの「ヴェネツィア絵画のきらめき」を観に行って
実は1番気に入ったのがティントレットの『奏楽天使』だった

元より『奏楽天使』は好きなモチーフで
例えプットタイプ(幼児体型)の天使だとしても
基本的には好きではナイのに楽器を持つと許せてしまうくらいだったが
ティントレットの『奏楽天使』は巻き毛の美青年で
リュートを手にしてうつ伏せに寝そべってて裸体の背には翼がニョキリ!

これはもう天使相手に不謹慎にも欲情してしまえた・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

ところがポストカードにはなってなかったし
図録も買わなかったので手元には何も残っておらず。(゚д゚lll)ギャボ
でもググって見つけた画像をブログにアップしてたのだが
ブログの管理が悪くていつの間にかリンク切れになってて画像を紛失してしまい
今になって再度ググってみてもどこを探してもなかった。・゚・(ノД`)・゚・。

なのでこれはティントレットの『奏楽天使』ではなくて似た画像・・・

このカラヴァッジョの『Rest on the Flight into Egypt』で
ヴァイオリンを弾いてる天使がワリと近いかと
まあリュートとヴァイオリンでは違うが一応同じ弦楽器を携えてるって点と
裸体の背には翼がニョキリ、ての(しか合ってナイ)がね
それにしても天使の翼の付け根はなかなか目にしナイから新鮮だな

自分としてはティントレットの『奏楽天使』以外では以下の4点がよかった

ティツィアーノの『洗礼者聖ヨハネの首を持つサロメ』
ヴェロネーゼの『エッケ・ホモ(キリストと刑史たち)』
ヨーゼフ・ハインツの『イアソンを若返らすメディア』
フランチェスコ・グアルディの『パリスの審判』

次点に大天使ラファエルが描かれた『トビト』があったが
構図もよくなければ扱ってる題材に対しての作者の意図も中途半端な印象で
何よりもトビトがぶんむくれのブサイクな幼児で
付き添って旅をするラファエルが可哀想になったのだった。(´д`;)ギャボ
それでも1分くらいは観てたのだが誰の作かも失念

だいたいイタリアの宗教画の天使は殆どの場合がプットタイプ(幼児体型)で
そうかと思えば痩せこけてて貧相で悲壮感漂うようなのとか
どうも美しさにおいて天使ヲタの眼鏡に適うようなのがいナイのだがね
って、眼鏡って色眼鏡かいなヽ(゚∀。)ノ

まあヴェネツィアといわれた時点で天使には全く期待してなかっただけに
ティントレットの『奏楽天使』には惚れたぜ・・・p(-_-+)q←目的を履き違えてるがなw

惜しむらくは画像がナイコトだが
代わりに『奏楽天使』の代表作とも言えるロッソ・フィオレンティーノの作を・・・
これもプットタイプだが表情が+.(・∀・)゚+.゚イイからなんか好きだ
お昼によく行くサイゼリヤにもこの絵があるるる~

黙示録論 (ちくま学芸文庫)

こうして見ると天使には弦楽器が似合う気がするのだが
むしろ弦楽器が容貌の美しい人に似合うのだろう
吹奏楽器はパン・フルートとか半獣神のイメージがあるし
もれなく天使がラッパを吹くのは最後の審判の予兆だからな