「創世記」第3章

失楽園

 さてヤハウェ神がお造りになった野の獣の中で蛇が一番狡猾であった。蛇が女に向かって言った、「神様が君たちは園のどんな樹からも食べてはいけないと言われたというが本当かね」。そこで女は蛇に答えた、「園の樹の実は食べてもよろしいのです。
ただ園の中央にある樹の実について神様は、それをお前たち食べてはいけない、それに触れてもいけない。お前たちが死に至らないためだ、とおっしゃいました」。すると蛇が女に言うには、
「君たちが死ぬことは絶対にないよ。神様は君たちがそれを食べるときは、君たちの眼が開け、神のようになり、善でも悪でも一切が分かるようになるのを御存知なだけのことさ」。そこで女はその樹を見ると、なるほどそれは食べるのによさそうで、見る眼を誘い、智慧を増すために如何にも好ましいので、とうとうその実を取って食べた。そして一緒にいた夫にも与えたので、彼も食べた。するとたちまち二人の眼が開かれて、自分たちが裸であることが分かり、無花果樹の葉を綴り合わせて、前垂れを作ったのである。
 夕方の風が吹く頃、彼らは園の中を散歩して居られるヤハウェ神の足音を聞いた。そこで人とその妻とはヤハウェ神の顔を避けて園の樹の間に隠れたのであった。ヤハウェ神はその人に呼びかけて言われた、「君は何処にいるのだ。」彼は答えた、「貴神(あなた)の足音を園の中で聞いて恐ろしくなりました。わたしは裸だからです。それで身を隠したのです」。ヤハウェ神が言われるのに、「誰が一体君が裸だということを君に知らせたのだ。わたしがそれを食べてはいけないと命じておいた樹から君は食べたのか」。人は答えた、「あなたがわたしの側にお与えになったあの女が樹から取ってくれたのでわたしは食べたのです」。そこでヤハウェ神は女に言われる、「君は一体何ということをしたのだ」。女は、「蛇がわたしをだましたのです。それでわたしは食べたのです」と答える。ヤハウェ神は蛇に向かって言われた、
 「お前はこんなことをしたからには、
 他のすべての家畜や野の獣よりも呪われる。
 お前は一生の間腹ばいになって歩き、
 塵を食わねばならない。
 わたしはお前と女の間、
 お前の子孫と女の子孫の間に敵対関係をおく。
 彼はお前の頭(かしら)を踏み砕き、
 お前は彼の踵に食い下る」。
 さらに女に言われた、
 「わたしは君の苦痛と欲求を大いに増し加える。
 君は子を産むとき苦しまねばならない。
 そして君は夫を渇望し、
 しかも彼は君の支配者だ」。
 さらにその人に言われた、
 「君が妻の言う声に聞き従い、
 わたしが食べてはいけないと命じておいた樹から取って食べたから、
 君のために土地は呪われる。
 そこから君は一生の間労しつつ食を得ねばならない。
 土地は君のために荊(いばら)と棘(おどろ)を生じ、
 君は野の草を食せねばならない。
 君は顔に汗してパンを食い、
 ついに土に帰るであろう。
 君はそこから取られたのだから。
 君は塵だから塵に帰るのだ」。
 さてその人は彼の妻の名をエバと名づけた。というのは彼女はすべての生けるものの母となったからである。ヤハウェ神は人とその妻のために皮衣を造って彼らに着せて下さった。
 さてヤハウェ神が言われるのに、「御覧、人はわれわれの一人と同じように善も悪も知るようになった。今度は手を伸ばして生命の樹から取って食べて、永久に生きるようになるかもしれない」。
 ヤハウェ神は彼をエデンの園から追い出した。こうして人は自分が取られたその土を耕すようになったのである。神は人を追い払い、エデンの園の東にケルビムと自転する剣の炎とをおき、生命の樹への道を見守らせることになった。