ギリシア・ローマ神話

岩波文庫 アポロドーロス ギリシア神話(Bibliotheke)

ギリシア神話〔アポロドーロス / 高津春繁訳〕(SONY Reader Store:ブラウザ非対応)
まえがき
第1巻【第1章~第6章】神々について
【第1章】
1―3、天空(ウーラノス)と大地(ゲー)の子、百手巨人、キュクロープスたち、ティーターン族
4、ティーターン族の反逆、エリューニュスの誕生
5―7、クロノスとレアーの子、ゼウスの誕生(6―7)
【第2章】
1、オリュムポスの神々の支配権の成立
2―5、ティーターン族の後裔、オーケアノスの娘たちその他
6―7、海洋(ポントス)と大地(ゲー)の子孫、虹、ハルピュイア、ポルコスの娘たち、ゴルゴーン(6)、ネーレウスの娘たち(7)
【第3章】
1、ゼウスの子孫
2、ムーサの子孫、リノス、オルペウス
3、ヒュアキントス、タミュリス
4、レーソス、コリュバースたち、セイレーン
5、ヘーパイストス
6、アテーナーの誕生
【第4章】
1、アステリアー、レートー、アポローンとアルテミスの誕生、ピュートーン、ティテュオス
2、マルシュアース
3―5、オーリーオーン
6、ポセイドーンとアムピトリーテーの子
【第5章】
プルートーン、ペルセポネー、デーメーテール、デーモポーン、トリプトレモス
【第6章】
1―2、神々と巨人(ギガース)たちとの戦闘
3、テューポーン
第1巻【第7章~第10章】デウカリオーンの後裔
【第7章】
1、プロメーテウス
2、デウカリオーン、その子孫、ヘレーン
3、ヘレーンの子ドーロス、クスートス、アイオロスおよびその子孫(3―第8章6、アイオロスの娘たちとその後裔)
3、ペリメーデー、ペイシディケー
4、アルキュオネー、カナケー、アローアダイ
5、カリュケー
6、エンデュミオーン
7、アイトーロス、プレウローン、カリュドーン
8―9、マルペーッサ
10、オイネウス、セイレーン
【第8章】
1、オイネウスとその子供たち
2―3、メレアグロス、カリュドーンの猪狩り
4、オイネウス、ペリボイア
5―6テューデウス
6、アグリオスの子供たち、オイネウスの死、ディオメーデース
【第9章】
1、アタマース、その子プリソクス、ヘレー、金毛の羊
2、アタマースとイーノーの死
3、シーシュポス
4、デーイオーン
5、ペリエーレース
6、マグネース
7、サルモーネウス
8―10、サルモーネウスの娘テューロー、その子ネーレウス、ペリアース
11、クレーテウス、その子アイソーン、アミュターオーン、ペレース、アミュターオーンの子メラムプース、ビアース
12、メラムプース、イーピクロス
13、ビアースとメラムプースの子孫
14―15、ペレースの子アドメートスとその妻アルケースティス
【第10章】
16、イアーソーン金毛の皮を持ち来ることを命ぜられる。アルゴー遠征の勇士の名
17、レームノス寄港、ヒュプシピュレー
18、ドリオニアー寄港、キュージコス
19、ヒュラース誘拐とヘーラクレース
20、ポリュデウケース、アミュコスと相撲す
21、ピーネウスとハルピュイア、ゼーテース、カライス
22、シュムプレーガデス岩
23、マリアンデューノイ人の国に寄港、イアーソーン、メーデイアの援助により金毛皮を得
24、アルゴーの人々メーデイアとともに出帆す、メーデイアの弟アプシュルトスの死
25―26、セイレーン、カリュブディス、スキュラー、パイアーキアー、アナペー、クレータ(青銅巨人タロース)、アイギーナ、イオールコス
27、アイソーンの死、メーデイアのペリアースに対する復讐
28、メーデイアわが子を害してアテーナイに遁る。のちコルキスに帰る
第2巻 イーナコスの後裔
【第1章】
1、イーナコスとその子供
2、アルゴスとその子供、普見者アルゴス
3、イーオー、普見者アルゴス、ヘルメースに殺さる。イーオーの漂泊
4、エパポスの孫アゲーノールとベーロス。ベーロスの子アイギュプトスとダナオス
5、アイギュプトスの50人の息子とダナオスの50人の娘の話、ヒュペルムネーストラーとリュンケウス、アミューモーネーの子ナウプリオスとその子孫
【第2章】
1、リュンケウスの子アバース、その子アクリシオスとプロイトス
2、プロイトスの娘たちの狂気、メラムプースによって治療さる
【第3章】
ベレロポンテース
【第4章】
1、アクリシオスの娘ダナエーとその子ペルセウス
2、ペルセウス、ゴルゴーンの首を得
3、アンドロメダー。ペルセウス、セリーポス人を石と化す。アテーナーの楯上のメドゥーサの首の由来
4、アクリシオスの死
5、ペルセウスとアンドロメダーの子孫
6―8、エーレクトリュオーンとプテレラーオスの子供たちの争い、アムピトリュオーン、ヘーラクレースの誕生(9-第7章8、ヘーラクレース)
9、ヘーラクレースの教育
9―10、キタイローン山の獅子退治
11、ミュニアース人を破り、メガラーと結婚す
12、狂気となって子を殺害し、その償いにエウリュステウスに仕う

アポロドーロスの『ギリシア神話(Bibliotheke)』

本棚に居並ぶ本の中で
ギリシア神話の総括的な系譜と言えば
その古さからもヘシオドスの『神統記』だろう

これは本トに系譜のみだから
その由緒正しさでは他の追従を許さぬのだが
このヘシオドスに次ぐ(あるいはヘシオドスを継ぐ)
正統派の詳細な系譜となると
これがずっと時代を下って
ローマ時代のアポロドーロスになってしまう

ギリシア神話の集大成的な書物は
ヘシオドスからアポロドーロスまでの間にもあったろうが
現代まで残存しなかったりで
(あっても邦訳されてなかっただけかもだが?)
とりあえず手元にあるモノの中では
この2冊に尽きるのだった

神や英雄の物語は民族毎にあり
古代世界では稀に粘土板に刻まれてたりもするが
たいてい口承文学として語り継がれてて
古代ギリシアでは叙事詩として
吟遊詩人が歌い継いでた

かの『イリアス』と『オデュッセイア』も
紀元前8世紀頃にホメロスによって完成されたが
文書化されたはホメロス死後で
紀元前6世紀頃と推定されてるるる~

またギリシア神話の一部を主題にして
戯曲化されたギリシア悲劇が演じられるようになったが
元のギリシア神話は人口に膾炙してたので
神を含む登場人物や繰り広げられるエピソードは
既知のモノで説明は不要だった

江戸っ子が古典落語を熟知してるように
古代ギリシア人もギリシア神話を心得てたので
その手引きとなるような系譜や挿話集を
改めて編纂する必要も無かったのだ

だからこそローマ期において
ギリシア神話がローマ神話となり
ラテン文学においてよく取り上げられてるワケだ

ギリシアを征服したローマだったが
ローマ人はギリシア人の優れた文化を蔑ろにせず
むしろ知見豊かなギリシア人を尊敬し
教師として雇い入れてたのだ

賢くなりたいローマ人にとって
ギリシア語とギリシア神話の知識は
不可欠だったと思えるのは
ギリシア人の出自がどこまで本気かは別として
必ず神や英雄に由来してたのだからね(゚*゚;)

そう考えるとアポロドーロスは
まずギリシア語の文献に明るかっただろうが
几帳面な性格なのか?

系譜に重きを置いて編纂したのが
原題『Bibliotheke(ビブリオテーケー)』だが・・・



余り重要ではなさそうな人物の家系の説明が
本編から逸れて延々と続いたり
頭数を合わせるためだけに名前のみ登場とか
まともに読むとうんざりするような
旧約聖書みたいな文面が散見するのが
この書物の特徴で
言うなれば専門書?解説書??手引き???

これに比すれば
オウィディウスの『変身物語』や
ウェルギリウスの『アエネーイス』は
さしずめ大衆娯楽作品だなw

換言すれば
ギリシア神話はラテン文学の中で
ギリシア・ローマ神話として改訂されたのだ

そしてラテン文学においては
どうも娯楽性を追及し過ぎてか
こじつけてる部分も多く感じてしまい
信憑性に欠けるので
とにかく何か疑問に思ったら
まずアポロドーロスの『ギリシア神話』で
調べるのが゚+.(・∀・)゚+.゚イイ

まあそもそも神話なので
信憑性を求めるのはどうかしてるがな(-_-;)

実際にあった出来事も多少は含まれたかも?
でも荒唐無稽であれば虚構に違いなく
ギリシア・ローマ神話が総じて史実かどうか???
そりゃ寓話だよ!
と真顔で胸を張って答えられるるる~p(-_-+)q

科学的に検証するのに
無理があるのは重々承知してるが
そう割り切りつつも
考察を重ねずにはいられず・・・
それは編み出したい結論があるからだろうて!!

神話に希求するのはもちろん真実ではなく
(でもたまたま事実を突き止めてたりするかも?!)
自分の思想や嗜好の
「新たな方向付け」とか
「根付いてる部分への共感」とか
要するに自分の存在意義を見出したい・・・のかヽ(゚∀。)ノ