中公世界の名著

【47/58】デュルケーム ジンメル

デュルケームとジンメル――近代社会学の建設者たち〔尾高邦雄〕
  • 社会学と私
  • デュルケームの人と業績
  • ジンメルの人と業績
  • 社会学者としてのデュルケームとジンメル
  • デュルケームの『自殺論』
  • ジンメルの『社会的分化論』
自殺論〔デュルケーム / 宮島喬訳〕
【序文】
【序論】
【第1編】
非社会的要因(要約)
  • [第1章]
  • 自殺と精神病的状態
  • [第2章]
  • 自殺と正常な心理状態――人種、遺伝
  • [第3章]
  • 自殺と宇宙的要因
  • [第4章]
  • 摸倣
【第2編】
社会的原因と社会的タイプ)
  • [第1章]
  • 社会的原因と社会的タイプを決定する方法
  • [第2章]
  • 自己本位的自殺
  • [第3章]
  • 自己本位的自殺(つづき)
  • [第4章]
  • 集団本位的自殺
  • [第5章]
  • アノミー的自殺
  • [第6章]
  • 種々の自殺タイプの個人的形態
【第3編】
社会現象としての自殺一般について
  • [第1章]
  • 自殺の社会的要素
  • [第2章]
  • 自殺と他の社会現象との関係
  • [第3章]
  • 実践的な結論
社会的分化論〔ジンメル / 石川晃光、鈴木春男訳〕
  • [第1章]
  • 序論
  •  ・社会学の認識論(要約)
  • [第2章]
  • 集団的責任
  • [第3章]
  • 集団の拡大と個性の発達
  • [第4章]
  • 社会的水準
  • [第5章]
  • 社会圏の交錯
  • [第6章]
  • 分化と力の節約の原理
年譜
索引