中公世界の名著

【17/22】エラスムス トマス・モア

ルネサンスの二つの巨星〔渡辺一夫〕
  • 日本とエラスムス
  • 日本とモア
  • エラスムスとモアとを知った機縁
  • エラスムスとモアとの友情
  • エラスムスとモアを支えていたもの
  • 『痴愚神礼讃』と『対話集』
  • 『ユートピア』
  • 結語
痴愚神礼讃〔エラスムス / 渡辺一夫 / 二宮敬訳〕
  1. ロッテルダムのエラスムスよりその親しき友トマス・モアに捧ぐ
  2. 痴愚神は語る
対話集〔エラスムス / 二宮敬訳〕
  1. 恋する青年と乙女
  2. 結婚をいやがる娘
  3. 結婚生活
  4. 青年と娼婦
  5. 修道院長と教養のある女性
  6. 難破
  7. カロン
  8. 魚食い
ユートピア〔トマス・モア / 沢田昭夫訳〕
    【第1巻】
  • 社会の最善政体について並ならざる人間ラファエル・ヒュトロダエウスの話の第一巻
    【第2巻】
  • 社会の最善政体についてラファエル・ヒュトロダエウスの話の第二巻
    1. ユートピアの地勢について
    2. 都市について。とくにマウロートゥムについて
    3. 役職について
    4. 職業について
    5. 相互のつきあいについて
    6. ユートピア人の旅行について
    7. 奴隷について
    8. 軍事について
    9. ユートピア人のいろいろな宗教について
  • ユートピアに関する詩と書簡
年譜
索引

ユートピア
ユートピア実現に向けての待ち時間の至福
『THE TUDORS~背徳の王冠』、『ユートピア』、『わが命つきるとも』
基本的に小学生の時から変わってません
『THE TUDORS~背徳の王冠~ 』
キャサリン・オブ・アラゴン
ブサイクでデブでババアな妻でも夫に愛される要素はあったのか?
『THE TUDORS~背徳の王冠~ 』
キャサリン・オブ・アラゴン、キャサリン・ハワード、アン・オブ・クレーヴズ
ブサイクでデブでババアな妻こそ夫に愛される要素しかナイ
『THE TUDORS~背徳の王冠~ 』
キャサリン・オブ・アラゴン&娘のメアリー、キャサリン・ハワード、アン・ブーリン
ヘンリー8世まとめ
トマス・モアの『ユートピア』より
ルネサンス年表(かなり偏ってますw)
姥エナジーと姥エレジー
ほぼ理想的な休日
愉快過ぎる本の読み方
カンタベリー・テイルズ
レオナルド・ダ・ヴィンチ展の超個人的感想
ハイイロオオカミな秋
ローマ・カトリック教会とは何ぞや?
プロテスタントとは何ぞや?
続・プロテスタントとは何ぞや?
ピューリタンとは何ぞや?