中公世界の名著

【13/14】キケロ エピクテトス マルクス・アウレリウス

古代ローマの三人の思想家〔鹿野治助〕
  • 三人の思想家とその時代
  • キケロの生涯
  • キケロの著書
  • キケロの立場
  • エピクテトスの生涯
  • 『語録』その他について
  • マルクス・アウレリウスの生涯
  • マルクス・アウレリウスの著書と思想
  • ストア哲学
スキピオの夢〔キケロ / 水野有庸訳〕
ストア派のパラドックス〔キケロ / 水野有庸訳〕
法律について〔キケロ / 中村善也訳〕
宿命について〔キケロ / 水野有庸訳〕
語録〔エピクテトス(フラウィオス・アッリアノス) / 鹿野治助訳〕
  • アリアノスのルキウス・ゲッリウスにたいする挨拶
    【第1巻】
  1. 摂理について(1-16)
  2. 私たちの権内にあるものと私たちの権内にないものとについて(1-1)
  3. 哲学はなにを約束するか(1-15)
  4. 摂理について(1-6)
  5. まちがった者を怒るべきでないということ(1-18)
  6. 家庭の愛情について(1-11)
  7. 理性はいかにして自分自身で考察するかについて(1-20)
  8. 困難にたいしてどのように戦うべきか(1-24)
  9. 同じ問題について(1-25)
  10. 剛毅について(1-29)
    【第2巻】
  1. 大胆は慎重に矛盾しないということ(2-1)
  2. 平静について(2-2)
  3. いかにして、おおらかな心と、注意深さとが両立するか(2-5)
  4. 哲学のはじめはなにか(2-11)
  5. 不安について(2-13)
  6. 心像にたいして、いかに戦うべきか(2-18)
  7. エピクロス学派とアカデメイア学派にたいして(2-20)
  8. 語る能力について(2-23)
  9. どうして論理は必要であるか(2-25)
  10. 過失に固有のものはなにか(2-26)
    【第3巻】
  1. おしゃれについて(3-1)
  2. 雑集(3-14)
  3. 注意して交換せねばならぬということ(3-16)
  4. ふつうの人の立場と哲学者の立場(3-19)
    【第4巻】
  1. 社交について(4-2)
  2. なにとなにとを交換すべきか(4-3)
  3. 平静に生活しようと、一所懸命になっている人たちにたいして(4-4)
  4. 清潔について(4-11)
  5. 注意について(4-12)
  6. 自分のことを軽々しくしゃべる人たちにたいして(4-13)
要録〔エピクテトス(フラウィオス・アッリアノス) / 鹿野治助訳〕
自省録〔マルクス・アウレリウス / 鈴木照雄訳〕
    【巻1章】
    【巻2章】
    【巻3章】
    【巻4章】
    【巻5章】
    【巻6章】
    【巻7章】
    【巻8章】
    【巻9章】
    【巻10章】
    【巻11章】
    【巻12章】
年譜
索引