筑摩世界文学大系

【16/_】モンテスキュー ヴォルテール ディドロ

ペルシャ人の手紙〔モンテスキュー / 根岸国孝〕
カンディド〔ヴォルテール / 丸山俊雄、新倉俊一〕
  • 【第1章】カンディドが美しい館で育てられ、後にここを追われるにいたった経緯
  • 【第2章】ブルガリヤで、カンディドの身に起きたこと
  • 【第3章】カンディドがブルガリヤ軍を脱走した経緯、及びその身の上に起きたこと
  • 【第4章】カンディドが、もとの哲学の先生パングロスに出会った経緯、及びその後に起きたこと
  • 【第5章】嵐、難船、地震、及び、パングロス先生、カンディド、アナバチスト・ジャックの身に起きたこと
  • 【第6章】地震をまぬかれるため、荘厳な火刑(オト・ダ・フェ)がとり行われ、カンディドが尻を鞭打たれた経緯
  • 【第7章】老婆がカンディドの介抱をした経緯、及び、この青年が愛人と再会するにいたった経緯
  • 【第8章】キュネゴンドの物語
  • 【第9章】キュネゴンド、カンディド、異端糾問僧及びユダヤ人の身に起きたこと
  • 【第10章】カンディド、キュネゴンド、老婆の三人が、窮地に陥りながら、カディスに到着、さらに、乗船するに至った経緯
  • 【第11章】老婆の物語
  • 【第12章】老婆の不幸、つづき
  • 【第13章】<カンディドが、美しいキュネゴンド及び老婆と、訣別を余儀なくされた経緯
  • 【第14章】カンディドとカカンボが、パラグヮイのジェズイットに迎えられた経緯
  • 【第15章】カンディドが、愛しいキュネゴンドの兄を殺した経緯
  • 【第16章】二人の旅人が、二人の娘と、二匹の猿と、大耳族という蛮族に遭遇、その身に起きたこと
  • 【第17章】カンディドと下男が、エルドラドに着き、そこで目にしたこと
  • 【第18章】二人がエルドラドで見聞したことども
  • 【第19章】スリナムで二人の身に起きたこと、及び、カンディドがマルチンと知合いになった経緯
  • 【第20章】海上でカンディドとマルチンの身に起きたこと
  • 【第21章】カンディドとマルチンが、フランスの海岸に近づきながら、なお議論しつづけたこと
  • 【第22章】フランスでカンディドとマルチンの身に起きたこと
  • 【第23章】カンディドとマルチンが、イギリスの海岸に近づき、そこで見聞したこと
  • 【第24章】パケットと修道士ジロフレェのこと
  • 【第25章】ヴェニスの貴族、ポコクランテ殿訪問のこと
  • 【第26章】カンディドとマルチンが、六人の外国人と晩餐を共にしたこと、及びこの六人の素性
  • 【第27章】カンディド、コンスタンチノープルへ行く
  • 【第28章】カンディドや、キュネゴンドや、パングロスや、マルチンの身に起きたこと
  • 【第29章】カンディドがキュネゴンドと老婆に再会した経緯
  • 【第30章】結び
運命論者ジャックとその主人〔ディドロ / 小場瀬卓三〕
ある父親と子供たちとの対話〔ディドロ / 小場瀬卓三〕
ブルボンヌの二人の友〔ディドロ / 小場瀬卓三〕
これは物語ではない〔ディドロ / 小場瀬卓三〕
世論の無定見について〔ディドロ / 小場瀬卓三〕
十八世紀の思想小説〔ル・ブルトン / 小場瀬卓三〕
解説〔小場瀬卓三〕
年譜