「人間は考える葦である」ってなんで「葦」なのか?

この有名なフレーズは
パスカルの『パンセ』断章347にある一節を
省略した一文で元は以下の通り

L’homme n’est qu’un roseau, le plus faible de la nature; mais c’est un roseau pensant.
人間は、自然のうちでもっとも脆い葦でしかない。しかし、それは考える葦である。

人間の比喩になぜ【葦】なのか?

しかも日本人ならば
【葦】と言われて思い起こすのは
軒先にぶら下がってたりする簾なんかで
その繊維質は弱いドコロか
強靭にさえ感じられるはずなので
「もっとも脆い」と形容されてるのにも
違和感を感じるやも?

だからこの一節のどこをとっても
釈然としなかったとしたら
むしろ常識的な日本人だろうて

「考える葦(ROSEAU PENSANT)」は
バックグラウンドが違うと
特定の語に齎されてる暗喩的な意味に
齟齬が生じる好例だ

先に答えを言ってしまえば
パスカルは単に聖書に倣って
人間を【葦】に譬えてるだけなのだ

つまり
【葦】を人に譬えてるのは
旧約聖書成立以前のユダヤ人1)使用する地域や時代でヘブライ人やイスラエル人と呼称が変わるが同義の感性だ

砂漠地帯の荒野にさえ
生い茂る葦は
その地に住まう民族にとっては
ありふれた、それでいて唯一の植物で
その群生の様が群衆に見立てられ
しかも神目線で見下されて
どちらかと言えば悪い意味で葦とされてた

自分はキリスト教信者ではなくとも
聖書が愛読書だったので
【傷ついた葦】とか【風に揺れる葦】とか
人が形容されてるのを読んでて
民族性の違いから合点は行かずとも
そういうモノと納得はしてた

パスカルも神に対する敬虔な気持ちから
確かに人は弱い葦だと認めた上で
でも【考える葦】だとして
ただ弱いだけの存在ではあるまいと
緩く反証してるのが心憎い

そんなパスカルの
人情とセンスを読み取らず
勝手に解釈してる人が多いのは
日本人の教養の範疇に
聖書が含まれてナイからだろう

ベストセラーなら何でも読むような人でも
この時空を超えたベストセラーを
読破してる人は少なそうだ

References   [ + ]

1. 使用する地域や時代でヘブライ人やイスラエル人と呼称が変わるが同義